片耳難聴の保育士asensei

難聴を強みに変えて、自分らしく生きていく日々の記録

#7 私の耳のハナシ

 

「難聴なのに保育士出来るの?」

 

気になった方も多いと思うので、

少しお話させて下さい✏️

 

 

私の現在の聴力は、グレード2

中等度難聴】という区分に分類されます。

 

※入院当初は、グレード3 【高度難聴】でした。

 

具体的にどの程度かというと、

個人差はありますが…

 

●普段の会話が聞き取りにくい

●大きな声だと聞こえる

※グレード2 中等度難聴の場合

 

私の場合、静かなところでの1対1の会話は出来ます

完璧にとはいきませんが、入院治療をして、回復しました

 

これが複数人・ガヤガヤした場所になると

一気に状況は変わり、会話がスムーズに進まないことが

多々あります。

 

保育園は、まさにその2つが組み合わさった場所…

 

復帰した時は、もうここまでかと辞める決意をしたのを覚えています

 

・子ども達は一斉に喋ってくる

・どの子に話しかけられているのかわからない

・ガヤガヤした中での保育士同士の会話

・インターホンがなっているのがわからない

・内線がなっているのが聞こえない

 

突発性難聴と同時に、聴覚過敏症にもなっていたので…

 

  

もうダメだと思い、辞めることを実際上司に伝えに行くところまでいきました。

 

目に見えない病気で、まわりに中々理解してもらえず

当初はボロボロの状態でした。

 

現在は、まわりの理解も少しずですが

変わってきた気がします。

なので、働くことが出来ています。

 

 

保育士として働くために、

私がしていること、まわりの人の話など

 

なぜ私が、このタイトルにしているか

また後々お話しさせて下さい

 

 長くなってしまったので、次回に続きます🙇‍♀️

 

片耳難聴の保育士asensei

f:id:hibihoiku:20210210212604j:plain