片耳難聴の保育士asensei

難聴を強みに変えて、自分らしく生きていく日々の記録

#20 年齢の差があると

みなさんこんにちは🌞

 

みなさんの職場では、

同じ年齢の人が働いていますか?

 

私は、同期がいません

同じ年代の人もいません

 

※少人数の保育園なので、

常に募集している訳ではなく

誰かが辞めたら補填する形態です

 

なので、入社した時は

同期などおらず私1人でした

 

同期がいないことに一抹の不安は

ありましたが何とかなるだろうと

軽い気持ちで入社

 

そんなことよりも、自分のしたい保育ができる環境の方が

当時の私には大きかったです

 

同じ年代の人がいない、ましてや

上はおばあちゃんと年齢が近い人たちまで

本当に年齢の幅の広い人たちが働いている

 

話なんか合わない、何を話して良いのか分からない

 

すごく困った記憶がありました

 

それは相手も同じで、娘よりも若い人に

何を話して良いか分からない

困っていたと思います💨

 

※昔の自分をぶん殴ってやりたい…

何しているんだ!と言いたい

 

そこで気まずい関係がしばらく続きました

 

いつしか、仕事一緒になるのが嫌で

一緒になった日には憂鬱で仕方ありませんでした

 

 

「別にプライベートで遊ぶわけじゃないし

仕事だけちゃんとしてたらいいや」

 

こんな気持ちで割り切って仕事をしていると

 

次第にもっと関係が悪化していることに

気づくはずもなく時は流れて行きました

 

次回は、その先どうなったのか

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます🌼

 

片耳難聴の保育士asensei

f:id:hibihoiku:20210308102358j:plain